>

子供は服を汚しやすい

元気な子供は、外で遊んで服を汚すことが多いです。
そのまま部屋で過ごしていると、室内が汚れてしまいます。
早く着替えさせて、汚れた服は洗濯をしましょう。
何度も子供が服を汚すと、何度も洗濯物を干さなければいけません。
洗濯物を干す場所が狭いと、もう服を干せなくなってしまいます。
何枚でも服を干せるように、洗濯物を干す場所を広く確保しましょう。

それなら間隔を空けて、洗濯物を干すことができます。
洗濯物同士を近づけて干すと、なかなか乾きません。
早く洗濯物を乾かすためには、やはり広い場所が必要です。
住宅の設計を考える時は、忘れないで場所を確保してください。
意外と忘れやすい部分なので、早めに決めておくと安心できます。

乾燥器を置けるぐらいの広さ

最初は、乾燥器何て必要無いと思うかもしれません。
しかし洗濯物の数が予想より多くて、なかなか乾かない時は乾燥器が欲しくなります。
場所が狭いと、乾燥器を置けなくなってしまいます。
最初から乾燥器を置くことを想定して、場所を作っておきましょう。
乾燥器があれば、すぐに服が乾くので子どもが何枚服を汚しても大丈夫です。

また雨の日が続くと、いつもより洗濯物が乾かなくなってしまいます。
そんな時も乾燥器があれば、すぐ乾くので何も問題はありません。
地域によって、雨が降りやすいか変わります。
雨が降りやすい地域で暮らしている人は、乾燥器を購入しましょう。
住宅を作る時は、乾燥器を置ける程度のスペースは最低でも確保してください。


どこに洗濯物を干すのか

この記事をシェアする